ご予約

TEL 0561-34-4778

平日 9:00~12:30/14:30~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:30
予約制(急性症状のある方はお電話ください)
 休診日:日曜日・木曜日・祝日・毎月最終水曜日 午後



menu

こどもの歯を守るために

こどもの歯を守るためにこどもの歯は大人に比べ、歯がやわらかくケアもきちんとできないので、虫歯になりやすいのです。大切なこどもの歯を虫歯から守るには、ご自宅での毎日の歯ブラシと併せ、歯科医院で定期的に予防処置を受けることが大切です。
こどもは、歯ブラシの重要性や虫歯のリスクをまだしっかりと理解することはできません。つまり、こどものお口の健康維持は親御さんにかかっていると言えるのです。
こどもの乳歯はいずれ永久歯へと生え替わっていきます。
しかし、いずれ生え替わるからと言って乳歯は虫歯になっても大丈夫というわけではありません。乳歯にできた虫歯は、その後生え替わる永久歯にも少なからず影響を与えます。
もし今、こどもに虫歯がなくても、定期的に検診を受けてお口の中を清潔に保ち、しっかりとした予防管理を行うことが大切です。

乳歯の特徴

乳歯は石灰化が進んでいないため、歯が柔らかく酸に溶けやすい為、むし歯になりやすいです。また、乳歯の表面のエナメル質と象牙質の厚さは、永久歯の約2分の1と言われていて、とても薄いのです。その為、むし歯になるとすぐに神経まで達してしまう可能性があるので注意が必要です。
上記の理由から、乳歯は注意深くケアしてあげる必要があります。
歯科医院でのメンテナンスとご家庭でのケアで歯の健康を維持するように心がけましょう。

永久歯への生え替わり

生後 6ヶ月頃を過ぎたあたりから乳歯の前歯が生え始め、3歳頃にはほぼ全ての乳歯(全部で20本)が生え揃います。
個人差がありますのでこの時期にすべて生え揃っていなくても心配する必要はありません。
その後、5~6歳ごろから乳歯が抜け始め、永久歯へと生え替わりますが、生えはじめたばかりの永久歯はまだ未発達で酸に弱く、簡単に虫歯になってしまいます。
永久歯に生え替わったからといって安心せず、ご家庭と歯科医院でのお口のケアが重要となります。

時期別の注意事項

乳歯時期(生え始め)

  • 食べ物を口移ししたり食器の共有をしないようにする
  • 甘いものを長時間ダラダラと与えないようにする
  • 食事のあとは必ず歯磨きをしたりガーゼで歯の汚れを拭う
  • 歯科医院でフッ素塗布を行う

乳歯時期(生え揃った頃)

  • 朝、夜に規則正しく歯磨きをするよう心がける
  • フッ素配合の歯磨き粉を使用する
  • 歯科医院でフッ素塗布を行う

永久歯時期(生え始め)

  • 歯科医院でフッ素塗布を行う
  • シーラント(予防充填)を行う
  • お子さんの歯磨きの後、親御さんの仕上げ磨きを徹底する

永久歯時期(生え揃った頃)

  • 親御さんのチェックがなくなってくるので、歯科医院で定期検診を行う
  • 歯科医院でフッ素塗布を行う
  • シーラント(予防充填)を行う
  • 1日の食事量などの食生活のチェックをする

こどもの虫歯予防法

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで、エナメル質を強化して虫歯菌が出す酸に対する抵抗力を上げます。
また、酸によってエナメル質からカルシウムが溶け出してしまった部分に、再度カルシウムを取り込む「再石灰化」という作用もあり、より効果的です。

シーラント

普段しっかりとこどもの歯磨きをしていても、歯ブラシの毛先が届きにくくどうしても汚れが残ってしまうのが奥歯の溝です。
そのような歯ブラシが届かない歯の溝をあらかじめ塞ぐことで虫歯予防をするという方法です。シーラントというプラスチック樹脂で溝を塞ぐことにより、食べ物が入りにくくし、付いたとしても歯ブラシで簡単に除去できるようになります。

小児歯科のQ&A

Q. 歯磨きはいつから行うべきですか?

A. 歯の生え始めから始めてください。
お子さんの乳歯が生え始めたら歯磨きを始めましょう。
最初のうちは思うように磨かせてくれないと思いますが、歯磨き自体を遊びの1つだと思わせながら歯磨きの時間が楽しくなるように努め、毎日の習慣になるように心がけてください。


Q. 子供が歯医者に行きたがらないのですがどうしたらよいでしょうか

A. まずは歯医者さんに慣れることから始めましょう。
お子さんが嫌がる場合、いきなり治療を始めるようなことはしません。
まずお子さんに説明だけをする、スタッフと遊んでもらう、ユニットに座ってもらうなど、まずは歯医者さんに来ることに慣れてもらうことからスタートし、段階を踏みながら治療を行いますので是非こどもと一緒にご来院ください。


Q. フッ素塗布は何歳から可能ですか?

A. なるべく早い時期での塗布をお勧めします。
乳歯・永久歯共に生えて間もない時期はフッ素塗布の効果が発揮されやすいので、歯が生えてきたらなるべく早い時期に歯科医院でフッ素塗布をしておくことをお勧めします。しかし、フッ素を塗れば安心というわけではなくその後の歯磨き習慣化や食生活のチェック、定期健診を行うことが大切です。


Q. 小児歯科には何歳から通ったらいいですか?

A. 何歳からでも大丈夫です。
小児歯科には年齢の条件などはありません。
こどものお口の中や歯のことで気になることがあればお気軽にご来院ください。