ご予約

TEL 0561-34-4778

平日 9:00~12:30/14:30~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:30
予約制(急性症状のある方はお電話ください)
 休診日:日曜日・木曜日・祝日・毎月最終水曜日 午後



menu

気になる歯の黄ばみ! その対処法とは! 2

気になる歯の黄ばみ! その対処法とは!

 

普段なにげなく食べている食べ物や飲み物でも歯は黄ばんできます。

この記事では、歯の黄ばみの対処法について紹介しています。

ぜひ参考になさってください。

 

毎日の歯磨きで黄ばみを軽減!

 

毎日食後に歯磨きをする習慣がある方は多いでしょう。

でも、コーヒーや紅茶など、歯を着色してしまう食品をたくさん採る場合は、なかなか着色汚れが取れないこともあります。

その場合、まずは歯磨き粉を変えてみましょう。

着色汚れ(ステイン)を除去する成分が入った、ホワイトニングに特化した歯磨き粉を使ってみるのがおすすめです。

ブラッシングも、歯の1本1本を意識して、いつもより丁寧に磨くようにするとよいでしょう。

 

それでも、歯並びなどの関係で、磨き残しができることがあります。

磨き残しに残った食べかすなどはやがて歯垢となり、放置すると硬い歯石となってしまうことがあり、そうなると通常の歯磨きでは除去できません。

歯石が気になった場合は歯科医院に相談し、歯石クリーニングの治療も検討してみましょう。

 

歯石クリーニングとは

 

歯科医院で行う歯石除去の治療を歯石クリーニングと言い、スケーリングと、PMTCとの2種類から選ぶことができます。

スケーリングは、スケーラーと呼ばれる器具を使います。

手用スケーラーという歯石取り専用の器具で取り除く方法と、器具の先端を超音波で微振動させる電動スケーラーで、歯石や歯垢を粉砕して除去する、という方法とがあります。

PMTCは、プロフェッショナル・メディカル・トゥース・クリーニングの略で、歯垢を専用の機械を使って除去していく治療法です。

これは先端が高速回転する電動歯ブラシのようなもので、歯の表面にこびりついている汚れをはがしていく、という方法になります。

 

ホワイトニングとは

 

ホワイトニングは、歯を白く漂白する治療法です。

歯を削ったりしないということ、またホワイトニングを行うことで、歯石や歯垢がつきにくくなるなどのメリットもあります。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、自宅で処方された薬剤を使ってご自身で行うホームホワイトニング、自宅と歯科医院と両方で行うデュアルホワイトニングの3種類があります。

 

歯科医院でのオフィスホワイトニング

 

歯科医院で、歯の表面に薬剤を散布してもらい、その上から光を当てて歯を漂白していくという治療法です。

歯科医院で行う場合は、少し濃いめの薬剤を使いますので、短期間で治療を終えることが期待できます。

ただ、歯の色が元の色に戻ってしまうのが少し早くなるのが特徴です。

 

自宅で行うホームホワイトニング

 

専用のマウスピースを作ってもらい、処方された薬剤を使って自宅で行うホワイトニングです。

自宅用の薬剤は濃度が少し薄めなのが一般的です。

オフィスホワイトニングとちがい、好みの白さにまで漂白していくのに期間がかかりますが、通院は不要ですし、また、歯が元の色に戻るのがそこまで早くないのが特徴です。

 

歯科医院でも自宅でも行うデュアルホワイトニング

 

歯科医院でもホワイトニング治療を受け、自宅でも、処方された薬剤で自分で行うというホワイトニングです。

即効性が高く、また、自宅でホワイトニングできるので、白さが元の色に戻る期間を長めに調節できるというメリットがあります。

一番おすすめの方法です。

 

まとめ

 

歯の黄ばみは、毎日の歯磨きでは改善しないことがあります。

その場合は歯石や銀歯が関係しているのかもしれませんので、定期的に歯科医院に通って歯石除去などの処置を受けたり、もっと好みの白さにしたい、という場合は、ホワイトニング治療を検討してみるのもおすすめですよ。