ご予約

TEL 0561-34-4778

平日 9:00~12:30/14:30~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:30
予約制(急性症状のある方はお電話ください)
 休診日:日曜日・木曜日・祝日・毎月最終水曜日 午後



menu

食生活を見直して、歯周病を予防しよう!

食生活を見直して、歯周病を予防しよう!

 

歯周病は、初期では痛みもないため、いつの間に進行してしまう恐ろしい病気です。

毎食後の歯磨きなどの対策のほか、食生活の見直しなども重要なポイントです。

この記事では、食生活に焦点を当ててご紹介しています。

さっそく見ていきましょう。

 

歯周病にり患している人は、他の不調も抱えている可能性がある

 

歯周病の特徴の一つに、体の不調を他にも併せて抱えているというケースがあります。

もちろん歯周病にかかっている方全員に当てはまる、というわけではないのですが、たとえば低血圧だったり、貧血気味であったり、高脂血症、腎臓病、慢性的な下痢などを抱えている、などがあげられます。

ほかにも、ヘビースモーカーだったり、いつも倦怠感に悩まされている方や、肌の色が土気色の状態の人なども報告されているのです。

 

低血圧や貧血の人は、ビタミンやミネラルの摂取量を増やしてみよう

 

もしあなたが貧血や低血圧の体質で、歯周病にもかかっているという場合は、一度食生活を見直してみるとよいでしょう。

貧血や低血圧の方が歯周病にかかると、歯茎の腫れなどはあまり見られないものの、口臭が強くなる傾向があります。

早いうちに歯科医院に相談するのはもちろんなのですが、並行しておすすめなのが、食生活の見直しです。

貧血や低血圧の体質の方は、接種している栄養が少なめの傾向があると言われています。

厚生労働省の示す栄養所要量という指標があるのですが、それと照らし合わせてもどの栄養素も不足している、あるいは、脂質のみが突出している、などの傾向がみられるのです。

そこで、脂質を減らして、ビタミンやミネラル、そして食物繊維を採るよう意識した食生活に変えてみてはいかがでしょう。

貧血や低血圧の方は、冷え性であったり、疲れやすかったりという傾向もあるのですが、ビタミンやミネラル、食物繊維の摂取で改善することが期待できます。

歯周病以外に何らか体の不調を抱えている方は、まずは食生活を見直すことから始めてみるとよいかもしれません。

 

まとめ

 

初期は特に傷みがないため、気づかないうちに進んでしまうこともある歯周病。

歯周病にかかった方は、実は貧血や低血圧などの別の不調を抱えているケースもあります。

歯科医院での治療と並行して、食生活を見直してみるというのも症状の改善に有効ですよ。