ご予約

TEL 0561-34-4778

平日 9:00~12:30/14:30~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:30
予約制(急性症状のある方はお電話ください)
 休診日:日曜日・木曜日・祝日・毎月最終水曜日 午後



menu

社会貢献につながる「歯科衛生士」の仕事内容とは?

歯科衛生士ってどんな仕事?
歯科医院で治療を受けるときに、歯科医師の横で診療をサポートしたり口内のクリーニングを行うのが「歯科衛生士」です。歯科医院の「看護師さん」と呼んでいる方も多いのではないでしょうか。
歯科衛生士は、口内の健康を通して患者さんの生活の質を向上させるために、専門的な知識と技術をもって広く社会貢献する国家資格のひとつです。患者さんの健康に直接貢献できる専門職のため、毎日の仕事にやりがいを持って働けることも魅力のひとつ。

そんな歯科衛生士の主な仕事内容は、次のようなものです。
● 歯の表面に強固に付着している歯石の除去
● フッ素を塗布して歯質を強化させる
● 最適な歯ブラシの選定とブラッシング指導
● 口内トラブルを誘発する生活習慣改善のアドバイス など

歯科医院のなかで、診療の準備や器具の滅菌・管理だけでなく、むし歯や歯周病にならない環境つくりのスペシャリストとして歯科衛生士の存在は欠かせません。
また、歯科衛生士は歯科医師と患者さんの間に立ってコミュニケーションを取り、良好な信頼関係を築けるような気遣いのプロでもあります。歯科医院で緊張してしまって「歯科医師には話にくいけれど、歯科衛生士や受付なら話しやすい」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

歯科衛生士は口内健康管理のスペシャリスト
歯科衛生士の仕事は大きく分けて、歯科診療補助・歯科予防処置・歯科保険指導の三つで、これらを歯科衛生士の三大業務と呼んでいます。
なかでも、歯科予防処置・歯科保険指導は歯科衛生士が得意とする業務です。生活習慣病の発症にも深く関わっている歯周病の予防・治療を行います。歯科衛生士は、このような「口内健康管理のスペシャリスト」です。主に予防歯科の分野で活躍し、患者さんのお口だけでなく全身の健康につながるよう日々の診療にあたっているのです。
ときには、歯科医院で行うクリーニングやブラッシング指導だけでなく、患者さん本人が生活習慣の改善を行えるようアドバイスすることも。一人ひとりの年齢やライフスタイルを考慮して必要な支援を行い、セルフケアの質を向上させる専門家です。
歯科衛生士が社会貢献できる場所はたくさんある
歯科衛生士が持ち合わせている専門知識・技術は、日本だけに留まらず世界で求められています。活動できる場所は歯科医院や病院が中心ですが、近ごろではその場が大きく広がってきています。

たとえば、次のような場所で歯科衛生士の仕事が求められています。
● 保育所・幼稚園
● 学校
● 保健所・保険センター
● 介護老人施設 など

他にも、日本国内だと勤務先の施設だけでなく、被災地での避難所や仮説住宅を巡回して口腔ケアを行うことができます。お口の中に不調を感じながらも、歯科治療を受けられない環境にいる方の役に立つことができますね。
さらに、発展途上国で歯科医師が不足している地域では、歯磨きの習慣がなかったりきちんと治療を受けられていない方がたくさんいます。口腔衛生に関する意識や知識が不足している場所で、青年海外協力隊やボランティア団体を通して貢献することもできるでしょう。

まとめ
国民の健康意識の高まりとともに、歯科衛生士の活動に大きな期待が寄せられています。口内環境を整えることで生活習慣病が改善するという研究データも報告され、歯科衛生士の活躍にますます期待が高まっています。
歯科衛生士は口内の健康を守りながら、さまざまな場所で社会貢献ができるすてきな職業です。医療機関で働きながらも夜勤はないことが多く、プライベートと両立しやすい点も魅力のひとつ。結婚・出産などライフスタイルが変化しても復職しやすいため、長くキャリアを形成したい方にも向いているでしょう。歯科衛生士の仕事が気になった方は、近くの歯科医院で話を聞いてみましょう。