ご予約

TEL 0561-34-4778

平日 9:00~12:30/14:30~19:00
土曜日 9:00~12:30/14:00~18:30
予約制(急性症状のある方はお電話ください)
 休診日:日曜日・木曜日・祝日・毎月最終水曜日 午後



menu

矯正治療では歯並びを整え、見栄えを整えながらしっかりと咬み合うように歯を動かして治療を行います。
歯の移動には矯正装置を使用し、顎の骨や歯を時間をかけて徐々に理想の位置へと動かしていきます。

矯正治療が必要な方

叢生(そうせい:歯がデコボコした状態で並んでいる)

叢生(そうせい)とは歯と歯が不規則に並んで重なり合うように生えてきている状態です。
歯が複雑に重なり合ってしまっていると、ご自分で歯を磨く際に歯と歯の間の食べかすや汚れを落とすことが難しくなってしまい、自然と虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
乳歯が多い子どものうちは矯正装置を用いることで顎を広げて、歯が綺麗に並ぶようにスペースを作ります。歯が生え揃った大人は歯を抜くことでスペースを作ってから歯を動かして歯並びを整えます。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突は上顎が下顎よりも前に突き出た状態であり、俗に「出っ歯」と言います。口をしっかり閉じることができず、力を抜くと唇の隙間が空いてしまうことがあります。
下顎が上顎にくらべて十分に成長しなかった、上顎が過剰に成長してしまった、上の前歯が傾き過ぎているなどが主な原因です。
口を閉じることができないと口の中が乾燥してしまい、虫歯になりやすかったり、口臭が強くなったりします。
子どものうちは矯正装置を用いて歯を奥に引っ込めるなどの治療を行います。大人は歯を抜くことでスペースを作ってから歯を動かして歯並びを整えます。

下顎前突(受け口)

上顎よりも下顎が前に出てしまっている状態を受け口といい、人と話すときに発音がしづらくなってコミュニケ―ションを取りづらくなります。
顎が成長中の子どもは、頭にかぶる矯正装置を用いて前に出てしまっている下顎の成長を抑制したり、上顎の成長を促すことで顎の成長度合いを調整します。それと並行してマウスピース型の装置を使って歯並びも治療いたします。
装置による矯正が難しい大人の場合は、顎の骨を切断する外科処置を行う場合があります。

歯間離開(すきっ歯)

文字通り歯と歯の間に隙間があいて離開しているいる状態のことを指します。俗に「すきっ歯」と言います。歯の隙間から空気が漏れてしまい、発音がしづらくなります。見た目もスッキリとしない印象です。
ワイヤーを使用した矯正装置で歯を動かし、歯と歯の隙間を縮める治療が一般的ですが、症状や本人の希望によって透明なマウスピースを使った治療も行います。

矯正装置の種類

メタルブラケット

もっとも使われる矯正装置の一つです。
歯の表側に金属製の装着を付けてワイヤーで治療します。比較的短い期間に安価に治療を行うことができますが、装置が金属ですので、色が目立ちます。それを改善すべく、歯の裏側に装置を付ける舌側矯正という方法があります。表からは見えず、治療中であることがほとんどわかりません。しかし、表に付けた場合と比べて治療にかかる時間が長くなってしまうのと、内側に装置が付くので、食事がしづらく慣れるまでに時間がかかります。

セラミックブラケット

装着する装置自体はメタルブラケットと同じ位置と形状ですが、金属素材ではなくセラミックが使用されており比較的自然な見た目を保てます。
ただし、ワイヤーは使用するので「全く目立たない」装置ではありません。

透明マウスピース矯正

ワイヤーを使用しない透明なマウスピース型の矯正装置です。
ご自身で取り外しが可能で、端から見てもほとんど気付かれることがありません。
お口の状態によって適用できないこともあります。

部分矯正

1本~数本の歯並びだけを整えたいという場合に適した矯正治療です。
治療期間が短期間で済むことや、装置も小さいため、安価に行うことができるのもメリットです。状況によっては全体を考慮しないとできないこともあります。

大人と子どもの矯正治療の違い

大人と子どもの矯正治療の違い「矯正治療は子どもが受けるもの」と思われがちなのですが、患者さま一人一人の症状や年齢に合わせた治療法があり、実は様々な年代の人が受けられます。
特に、子どものうちは歯や顎が成長段階にあるため、それを利用することでスペースを確保しやすく歯が並びやすいので「矯正は子供のうちに行った方がよい」と言われています。
歯や顎の成長が終わっている大人の場合、歯を動かすスペースが確保しにくいため、抜歯が必要であることもあるため、子どもと比べて負担も大きくなってしまいます。
個人や家庭の事情もあるとは思いますが、治療にかかる負担を考えると、大人になってから矯正治療を行うより、歯や顎が成長しきっていない子どものうちに早く済ませたほうがよいことが多いです。
小さなお子様がいる方は歯科医院を一度訪れていただき、顎の形や成長の仕方をチェックしてもらうのをおすすめします。将来治療が必要になるかどうか、今後気をつけなければならないことなどを知っておくことで、早いうちから準備をして悪化しないように自分でチェックすることも可能です。
また大人の場合でも、長年ご自分の歯並びや顎の形に悩みがある場合、早めに歯科医院で診察を受けるようにしてください。歯並びは自然に治ることはなく、放置してしまうとより悪化してしまいます。