ご予約
お問い合わせ

皆さま、こんにちは。みよし市の後藤歯科です。
フッ素はむし歯予防に効果的であり、近年はフッ素が配合されている歯磨き粉や、フッ素ジェルが市販されており、皆さまも1度は使用したり、目にすることもあったりするのではないでしょうか。歯科医院では、さらに効果が期待できる予防処置「フッ素塗布」のご用意がございます。そこで今回は、フッ素塗布の役割について詳しくご紹介してまいります。

フッ素の3つの役割
まずはフッ素の役割を一緒に確認していきましょう。

①初期むし歯の改善
食事を行うたびに、お口の中に潜む「むし歯菌」は、食べ物に含まれる糖をエネルギーに変えて酸を生み出し、歯を溶かしていきます。また、この働きを脱灰(だっかい)と呼びます。また一方で溶かされはじめた歯は、唾液に含まれるカルシウムやリンを吸収して歯面を修復していく特性があり、この働きを再石灰化(さいせっかいか)と呼びます。

このようにお口の中では脱灰と再石灰化が繰り返し行われているのですが、お口の清掃が行き届かず、むし歯菌の勢力が上回ってしまうと再石灰化が追いつかず、むし歯へと進行してしまいます。
フッ素は脱灰された歯をもとの状態に戻すための働きである「再石灰化」の働きを促進させ、むし歯菌から歯を守る効果が期待できます。

②むし歯菌が生みだす酸を抑制
フッ素には、初期むし歯の改善だけではなく、むし歯菌が生みだす酸を抑制する働きも期待できます。

③歯質を強くして、むし歯になりにくい歯にする
フッ素の働きによって再石灰化された歯は、歯の表面組織であるエナメル質とフッ素が結合した「フルオロアパタイト」と呼ばれる、むし歯菌が生みだす酸に溶かされにくい、歯質に変化させることができ、むし歯に強い歯となります。

参照:「フッ素物の利用(概論)」e-ヘルスネット 厚生労働省

フッ化物利用(概論)

フッ素塗布を行うタイミング
フッ素は生えたばかりの歯に塗布することが有効とされ、乳歯が生えたころから、永久歯が生え揃う中学生ころまで、定期的にフッ素塗布を行うことがベターとされています。
フッ素を塗布は、3~6ヶ月に1度の間隔で行うことが推奨されており、小さなお子さまのころより歯科医院に通っていただくことで、お口の健康を維持する「予防意識」が自然と身についていけるようになります。

フッ素とフッ化物の違い
これまでご紹介してきました「フッ素」は、むし歯予防に有効的であると周知されておりますが、インターネットでは、「フッ素は人体に悪影響を与える」といった意見も目にすることもあり、不安を覚える方も少なくありません。
しかし、歯科医院で取り扱うフッ素は、そのほかの元素と結合した化合物であり、正しくは「フッ化物」です。猛毒に分類される元素記号「F」にあたるフッ素とは別物になります。
以前はすべてをひとくくりにして「フッ素」と呼んでいたため、今現在もなごりとして「フッ素」と呼ばれることも多くありますが、歯科医院で行うフッ素塗布で活用されるのは、「フッ化ナトリウム」や「フッ化第一スズ」といったフッ化物となります。
また、市販されているフッ素入りの歯磨き粉やフッ素ジェルに含まれるフッ化物は、歯科医院で取り扱うフッ素濃度よりも低く調合された「フッ化ナトリウム」「モノフロオロリン酸ナトリウム」などといったフッ化物が含まれています。

参照:「フッ化物配合歯磨剤」e-ヘルスネット 厚生労働省

フッ化物配合歯磨剤

まとめ
今回はフッ素塗布の役割について、詳しくご紹介してまいりました。フッ素はむし歯から歯を守るためにとても有効的なものであり、初期むし歯を改善させる働きを促進する効果があったり、むし歯菌の酸を生み出す働きを抑制したり、歯質を強くできます。

みよし市にある歯科医院・後藤歯科は開院から50年を迎え、より多くの患者さまのお口の健康をサポートするため、日々地域医療に邁進しております。
みよし市をはじめ、豊田市、東郷町、刈谷市、日進市といった周辺地域にお住いの患者さまも通院していただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。