ご予約
お問い合わせ

歯科衛生士として働く上で大切なこと

皆さま、こんにちは。みよし市の後藤歯科です。
歯科医院で働く歯科衛生士は歯科医師の診療補助を行ったり、予防処置(歯石除去・歯のクリーニング)を行ったりする役割を担っています。そんな歯科衛生士ですが、どのような心構えを持ち働いているのか、皆さまにお伝えして、より歯科衛生士への理解を深めていただきたく、今回は歯科衛生士として働く上で大切なことを詳しくご紹介してまいります。

歯科衛生士の役割

まずは歯科衛生士の役割から確認していきましょう。

●予防処置(歯石除去・歯のクリーニング)
むし歯や歯周病を未然に防ぐための予防処置も歯科衛生士の仕事の一つです。スケーリングでは、歯面や根面に強固に付着した歯石を取り除いたり、歯面に沈着した色素やペリクル・バイオフィルムを専用の器具と研磨剤で取り除いています。いったりします。

●歯科保健指導
毎日行う歯磨きはとても大切な習慣です。定期検診時には、歯ブラシが適切に行えるように歯磨き指導を行います。後藤歯科では、その患者様に合った歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなど、最適なものを歯科衛生士が選択し、お伝えしています。歯科医院に通院する患者さまだけではなく、幼稚園・保育園・小学校で歯磨き指導を行うこともあります。

●歯科診療補助
歯科医師が行う診療に対し補助を行ったり、診療に必要な器機や薬剤の準備を行ったりします。診療がスムーズに進むように、歯科医師が次に何を必要としているのか、先回りして準備しています。

患者さまとのコミュニケーション
患者さまの多くは、ご自身のお口の中の治療に進む中で緊張や不安を抱えています。ささいな会話の中でも「気づき」があることもあり、患者さまのお気持ちを汲み取り、そういった緊張や不安を緩和していただくためにもお声がけなどを行う心遣いも必要となります。

また、歯科衛生士は、歯科医師と患者さまとの懸け橋の役割もあります。「さっきは緊張して聞けなかったことがある」とご相談をいただいたり、「先生に聞くほどじゃないけどやっぱり気になることがある」とお声がけいただいたりすることあります。

患者さまの立場に寄り添い、患者さまが心地よく治療をお受けできるようにすることも大切だと考えています。

患者さまのお口の健康のために細やかなケアを
むし歯や歯周病といった疾病は生活習慣病といわれています。生活習慣を見直し、お口の健康を維持していくためには、短期間で成果がでることもあれば、長期間の治療や指導が必要なケースもあり、細やかなケアと忍耐力が必要です。

学びを惜しまない向上心
歯科衛生士としてただ診療に当たることだけでは、患者さまによりよい治療をご提供することはできません。歯科衛生士としての業務は多岐にわたり、歯科医師の診療補助だけではなく、自身の技術が必要になるスケーリング(歯石除去)やルートプレーニング(歯根面の滑沢化)、PMTC(歯科衛生士による歯のクリーニング)、ホワイトニング、歯磨き指導といったことも担当しております。

そのため、日々治療に当たりながらも自分自身の技術を磨くために、診療時間前や診療後に練習を行ったり、勉強会に参加したりと、学ぶ事を惜しまない向上心が歯科衛生士として働く上で大切になります。

出典:「3.専門職としての意識と責任」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000385186.pdf

まとめ
今回は、歯科衛生士として働く上で大切なことは何か、詳しくご紹介してまいりました。歯科医院は患者さまが虫歯や歯周病をはじめとするお口の中の疾病を治療したり、予防したりする医療機関です。そのため、高水準な技術はもちろんのこと、患者さまのお気持ちにも寄り添うことが必要になります。

みよし市の後藤歯科は開院から50年以上を迎えました。地域医療に貢献したいとの思いを胸に治療に当たらせていただき、近年ではみよし市だけではなく、豊田市、東郷町、刈谷市、日進市などの周辺地域からも、足を運んでいただけるようになりました。
歯科医師、歯科衛生士をはじめとするスタッフ一同、よりよい治療をご提供させていただくために、日々精進しております。お口の中の治療は当院にお任せください。お待ちしております。