ご予約
お問い合わせ

コラム

歯周病の改善には、歯科衛生士の存在が欠かせません

そもそも歯周病とは?

みよし市 歯医者 歯周病と歯科衛生士の役割 後藤歯科

歯周病とは、ひと昔前まで「歯槽膿漏」と呼ばれていたもので、歯ぐきや顎の骨が細菌に感染することで引き起こされる慢性炎症性の疾患です。

歯の周りの歯ぐきや、歯を支えている顎の骨を溶かしてしまい、最悪のケースでは歯が自然に抜け落ちてしまいます。

歯周病は歯や歯ぐきの周りに細菌の塊(プラーク)が溜まり、固まることで炎症を引き起こすことからはじまります。

毎日の丁寧な歯磨きを怠ると細菌の塊(プラーク)が溜まってやがて硬い歯石となり、歯ブラシなどで取り除くことが困難になります。

硬い歯石は歯科医院で専用の器具を使わないと取り除けません。

また、歯周病は初期段階では自覚症状が少ないことから、知らないうちに進行しているケースがほとんどです。

歯科医院で検診を受けてはじめて、歯周病が進行していることを知った方も多いのではないでしょうか。

早期発見して歯周病の進行を食い止めるには、定期的に歯科医院へ通って歯周病を予防することが大切です。

 

予防歯科の重要性

みよし市 歯医者 歯周病と歯科衛生士の役割 後藤歯科

街中の歯科医院やネットで「予防歯科」という言葉を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

予防歯科とはむし歯や歯周病の「治療」をするのではなく、治療が必要にならないよう「予防」することが目的の診療科目です。

歯を失う原因でもっとも多いのは、歯周病といわれています。 歯周病が進行して歯がグラグラと揺れはじめると、治療が難しいため歯を抜かなくてはなりません。

自然に抜け落ちることもありますが、ほとんどのケースは歯周病が進行したことによる歯科医院での抜歯です。

そんな歯周病を未然に防ぐためには、「予防」を意識することがとても大切です。予防歯科では、正しいブラッシングの方法を指導したり、自分で落としきれない汚れを専用の器具を使って取り除いて、歯周病をコントロールします。

ときには、口内環境を悪化させている生活習慣の改善をアドバイスすることもあるでしょう。

また、歯周病をコントロールするためには、歯科医院へ通うだけでは不十分です。

さらに、一度や二度の来院ではあまり効果がありません。予防歯科は自宅で行うセルフケアがもっとも大切で、自宅では補えない部分を歯科医院の定期健診で補完します。

そのため、定期的に歯科医院で検診を受けることがとても大切なのです。

 

歯科衛生士の役割とは?

みよし市 歯医者 歯周病と歯科衛生士の役割 後藤歯科

歯科医師の横で診療のアシスタントをしたり、口内のクリーニングを行う「歯科衛生士」はどのような役割を果たしているのかご存じでしょうか。

歯科衛生士は厚生労働省に認可された立派な国家資格を持つ、「予防歯科のスペシャリスト」です。患者さんが口内と全身の健康を手に入れるための支援者として、とても大切な役割を担っています。

むし歯や歯周病を予防するために、自分では落としきれない汚れや歯石を取り除き、一人ひとりに合った歯ブラシの選定からブラッシング指導まで行います。口の状況を把握するためにさまざまな検査を行い、歯科医師とともに治療計画を作成することもあるでしょう。

また、歯科治療が苦手な子どもが治療を受けられるよう、一緒に練習をするのも歯科衛生士の大切な役割のひとつです。来院する患者さんの年代や症状にかかわらず、幅広い業務をこなします。

 

まとめ

みよし市 歯医者 歯周病と歯科衛生士の役割 後藤歯科

歯周病の予防・治療には歯科衛生士の存在が欠かせません。

定期的に歯科衛生士のいる歯科医院へクリーニングに通うことで、磨き残しの確認や汚れの除去・正しいブラッシング方法の指導を受けられ、口内を良好な環境に導けます。

いつまでも健康な自分の歯で食事を取るために、むし歯や歯周病になってから歯医者に行くのではなく、「むし歯や歯周病にならないために歯医者へ行く」ことを意識してみませんか?気になることがあれば、近くの歯科医院へ気軽に相談してみましょう。