ご予約
お問い合わせ

コラム

歯間ブラシの正しい使い方と選び方のコツ

いつもの歯磨きに「歯間ブラシ」習慣を!

みよし市 歯医者 歯間ブラシ 後藤歯科

丁寧に歯磨きをしているつもりでも、歯ブラシでは歯と歯のすき間に付いている汚れまでは落としきれません。

年を重ねるごとに歯ぐきが少しずつ退縮して、歯と歯の間に食べ物や汚れが詰まりやすくなります。

外食時に食べ物が挟まって、困った経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

口内を清潔に保つために、少なくとも1日1回は「歯間ブラシ」を使って、歯と歯のすき間の汚れを落とすようにしましょう。

いつもの歯磨きに歯間ブラシを使う習慣をつけることで、口内を清潔な状態に保ちやすくなります。

 

部位に合わせた歯間ブラシの選び方

みよし市 歯医者 歯間ブラシ 後藤歯科

歯間ブラシにはさまざまな種類があり、部位や口内環境によって最適なものが異なります。

一般的な歯間ブラシは、ナイロン毛を金属の細いワイヤーでねじって固定させたものを、プラスチック製の取っ手に取りつけています。

他にも、歯と歯ぐきにやさしいゴム製のものもあります。

また、取っ手の形状は奥歯にも届きやすい「L字型」と、前歯に使いやすい「I字型」があります。

使う部位に合わせて使い分けると、ストレスなく歯間ブラシを使いこなせるようになりますよ。

 

歯間ブラシのサイズを選ぶときの目安

みよし市 歯医者 歯間ブラシ 後藤歯科

歯間ブラシはさまざまなサイズがあり、薬局などでどれがいいのか迷い困った経験のある方も多いのではないでしょうか。

歯のすき間や歯ぐきの状態によって使い分けるようにしましょう。

 

【歯間ブラシのサイズを選ぶときの目安】

 

サイズ 歯ぐきのすき間 適している部位

SSS ~0.8mm 歯と歯のすき間が非常に狭いところ

SS 0.8~1.0mm

S 1.0~1.2mm 歯並びの悪いところ、歯ぐきが少し下がっているところ

M 1.2~1.5mm ブリッジの周辺や歯ぐきに少しすき間があるところ

L 1.5~1.8mm 歯と歯のすき間が非常に広いところ、歯の根が見えているところ

LL 1.8mm~ Lサイズでも対応できないすき間や、独立している歯の周辺など

 

歯間ブラシのサイズはあくまで目安です。

部位や実際の口内環境によって適しているサイズが異なるため、歯科衛生士にぴったりのサイズを選んでもらいましょう。

また、歯と歯の間にすき間がない方は、無理に歯間ブラシを使う必要はありません。

歯がきれいに並んでいる場合は、歯間ブラシではなく「デンタルフロス」を使いましょう。

デンタルフロスは使い方にコツがあるため、歯科医院でコツを教わるとすぐに使えるようになりますよ。

 

歯間ブラシの正しい使い方

みよし市 歯医者 歯間ブラシ 後藤歯科

歯間ブラシはサイズや使い方を誤ると、歯や歯ぐきを傷つける恐れがあります。

そのならないためにも、正しい使い方で無理なく磨くことが大切です。

歯間ブラシを使うときは、以下のポイントに注意しましょう。

 

● えんぴつを持つように歯間ブラシを持つ

● 鏡を見ながら、ゆっくり歯のすき間に挿入する

● 前後に2~3回、上下に2~3回動かして汚れを落とす

● 使い終わったら流水ですすぎ、風通しのよい場所で保管する

 

うまく使えない、サイズが分からないという方は、歯科検診を受けて相談してみましょう。

歯科衛生士が歯間ブラシの正しい使い方や、適しているサイズのアドバイスをしてくれます。

また、使い切りタイプの歯間ブラシは、使いまわさず捨てるようにしましょう。

 

まとめ

みよし市 歯医者 歯間ブラシ 後藤歯科

歯間ブラシの使い方と選び方についてお伝えしました。

歯間ブラシはたまに使う程度では、あまり意味がありません。

1日1回でもいいので、毎日続けることが歯や歯ぐきの健康を守ります。

歯間ブラシは、自分に合ったサイズで正しく使いこなすとメリットばかりです。

これまで歯ブラシだけで済ませていた方も、これからは歯間ブラシもうまく活用してみましょう。